ここは『鍵盤』さんのお部屋です♪

synclメッセージ

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

free


11件中   1 - 3 件表示 ( 全 4ページ )
1  2  3  4   

『サマーレインの彼方』 & 『VOICE』

音楽ライター、神館和典氏が“上原ひろみ”を取材して書き下ろした本。




取材とは言っても、その期間は2005年05月から同07月までの3ヶ月間のみ。
うーん、やっつけ仕事感が漂ってますな。
まっ、これが商売上手、幻冬舎のやり方、文句は言うまいw


超絶技巧派ピアニストとして語られることの多いひろみ嬢ですが・・。
彼女は、バークレイを出てるわけですけど、ピアノ課じゃなくて、作曲課の専攻
なんですよね。うーん、よくわかってますね、賢い。

彼女が、普段 iPod で聴いている音楽って言うのが面白い。
オスカー・ピーターソン、ジェフ・ベック、ジョン・マクラフリン、ストラビンスキー、
ドリカム・・・、そして、フランク・ザッパw。この脈絡の無さ、雑食上等、素敵です。
やっぱ、こうじゃなくっちゃ!!!





で、先日、注文していた彼女のニューアルバム『Voice』が手元に届いたので、
一通り聴いてみたわけですが・・・、はっきり言って、コレ、失敗作ですね。何が
よくないって、彼女をサポートするメンバー(Simon Phillips & Anthony
Jackson)が彼女の音楽にフィットしてない、彼女のセンス、狙っている世界を
引き出せてないなー、と感じましたデス。

Simon Phillips も Anthony Jackson もソツの無いプレイをしてはいるんで
すけど、“ただそれだけ”。無難なプレイ。一言で言えば、「バンドとしての躍動
感に欠ける」、っていう感じ(「そんなものを期待しているお前が間違ってる」と言
われればそれまでですが・・・σ(^_^;)アセアセ)。普段、一緒にツアーを回ってい
るメンバーと一緒に作り上げたアルバムの方が全然出来がいいと思うです。

なんかさー、このアルバム、ネームバリューのあるミュージシャンで回りを固め
て商業的な成功を狙ってみました、みたいなレコード会社主導で作られた安易
な作品なのかも、と勘ぐってみたくなったり・・・。


このアルバムから、『Labyrinth』。先日の記事でも取り上げたのと同じ曲ね。






こうして聴いてみると、ホントつまんないなー、Simon Phillips。
つーか、先日の記事中で取り上げた動画でプレイしている Ronald Bruner,jr
とどうしても比較してしまう。Ronald Bruner,jr が超絶凄すぎるんだな。彼の方
が、Simon Phillips より全然、ロックしてる・・・w(まっ、彼、一応、JAZZ ドラマ
ーって言うことにはなってるわけですが)。

彼も、ひろみ嬢同様、

   「ジャンル?何、それ?知らんがな、そんなもん ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ ・・・」

の人ですね。


 


2011-04-11 21:28:39投稿者 : のうたいむの鍵盤

    東野圭吾を2冊

    今更ながら、東野圭吾を2冊。





    彼の作品を読むのは、今回がはじめて。映画だと『手紙』とか見てるんです
    けどね(『さまよう刃』は見てません)。ブックオフで購入し、長らく放置された
    ままになっていたやつが何冊かあったりしたもんで・・・。


    すごい、筆力ですねー。ぐいぐい、ストーリーに引き込まれてしまいました。

    『さまよう刃』の結末は、俺の願っていた通りにならず、なんともいえないモ
    ヤモヤ感が残りました。


    ヒキタクニオ氏の『負の紋章』だと



    俺の望むような結末になるわけですが・・・。



    このあたりが、東野圭吾氏の立ち位置というか、スタンスなんでしょうね。
    すっきりさせないというか、世の中の理不尽さを考えさせるところが。

    嫌いじゃないっす、こういうの。



    いづれの2冊も良かったです。



      


    2010-09-04 08:15:23投稿者 : のうたいむの鍵盤

      これは俺の役に立つんじゃろか?

      この2冊は、どちらも1時間半もあれば読めてしまうお気軽な本。






      極めて個人的な、主観バリバリ入りまくりの感想を率直に言わせてもらえば・・・


        ・「そんなメンドちーこと、やる根気も暇もないわい」って言うのが6割
        ・「そこまで金かけたくないんだよねー」っていうのが2割
        ・「こんなの既に無意識のうちにやってるわな」っていうのが1割
        ・「コレは今すぐにも実践できそうだな、使えそう」っていうのが1割


      てな感じでしょうか?

      もっとも興味深かったのは、“高価なケーブルを使うと音のクオリティが上が
      る”ていうこと。うーむ、安物ばかり使っている俺には耳の痛い話です。ふと
      思い出したのが、小室氏の自叙伝『罪と音楽』に書かれていたこと。小室氏
      は、自宅スタジオのシールド(コード)には、徹底的にこだわっていたようで
      す。なんでも、世の中には1本100万円するものもあるんだとか、そう書い
      てありましたね。CANARE のシールドさえ1本も持っていない俺には、永遠
      にわけわからん世界です。シールドは、CANARE 以外使わない、っていう
      人も少なくないようですが、分相応ってこともありますし、まあ、俺は安物使
      いのままでいいのかな、と思うちょりますですw。




      著者の長野光浩氏は、テレビ番組のタイトル曲やCM曲を手がける自宅録
      音派ミュージシャン。国立音大/作曲科の出。楽器の演奏はあまり得意で
      ないみたいですね。現在、名古屋芸術大学や東海大学、八王子音楽院で、
      コンピュータミュージックのクラスの講師を勤めていらっしゃるとのこと。なか
      なかユニークな経歴の方のようです。


      氏は、著書の中で、「私たち自宅録音派には、“出来ることは何でもやって
      みる”の精神が必要。・・・(中略)・・・それぞれはほんの小さなことかもしれ
      ないが、“ちりも積もれば山となる”だ。」と述べています(『新・プロの音プロ
      の技』)の「イントロダクション」より引用抜粋)。

      が・・・、しかしね、この“ちり”を実践するのが俺にとってはハードル高そう。
      果たして、この2冊、俺にとって役に立つものだったんじゃろか???



      著者のホームページは http://www2.odn.ne.jp/onken/







      2010-07-25 22:55:39投稿者 : のうたいむの鍵盤
        11件中   1 - 3 件表示 ( 全 4ページ )
        1  2  3  4