ここは『鍵盤』さんのお部屋です♪

synclメッセージ

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

free


83件中   22 - 24 件表示 ( 全 28ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

東野圭吾を2冊

今更ながら、東野圭吾を2冊。





彼の作品を読むのは、今回がはじめて。映画だと『手紙』とか見てるんです
けどね(『さまよう刃』は見てません)。ブックオフで購入し、長らく放置された
ままになっていたやつが何冊かあったりしたもんで・・・。


すごい、筆力ですねー。ぐいぐい、ストーリーに引き込まれてしまいました。

『さまよう刃』の結末は、俺の願っていた通りにならず、なんともいえないモ
ヤモヤ感が残りました。


ヒキタクニオ氏の『負の紋章』だと



俺の望むような結末になるわけですが・・・。



このあたりが、東野圭吾氏の立ち位置というか、スタンスなんでしょうね。
すっきりさせないというか、世の中の理不尽さを考えさせるところが。

嫌いじゃないっす、こういうの。



いづれの2冊も良かったです。



  


2010-09-04 08:15:23投稿者 : のうたいむの鍵盤

    だからさー、

    以下、YOMIURI ONLINE 2010年7月31日
    http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100731-OYT1T00381.htm
    より引用


    > トヨタに有利な調査結果隠す?米当局に疑い浮上

    > 【ニューヨーク=小谷野太郎】トヨタ自動車の大量リコール(回収・無償修理)
    > 問題で、急加速の原因が運転者の操作ミスとみられる複数の調査結果を、米
    > 高速道路交通安全局(NHTSA)が意図的に公表しなかった疑いのあることが
    > 30日、分かった。

    > 米ウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)が報じた。
    > 7月にNHTSAを退職した元幹部が、実名で告発した話として伝えた。急加速
    > が起きた23台について、NHTSAが運転記録を調べたところ、いずれもアクセ
    > ルが全開でブレーキを踏んだ痕跡がなく、運転者のペダルの踏み間違いの可
    > 能性が高かったという。


    あーあっ、やっぱりなぁ~

    自身の選挙対策のために、トヨタパッシング劇場を演じた頭の悪い議員さん達に
    言いたい、「恥をしりなさい」と(w。

    米国議会に招致され、あたかも罪人であるかのように扱われた豊田社長、議会で
    証言にたった後訪れた、米国トヨタ関係者の集まる場での会見、その会見の席上
    で見せた涙の意味、これで正しく伝わりますかね。あの涙は、いわれのない風評
    にさらされ、理不尽に生贄にされた悔し涙だったと・・・。

    トヨタパッシング劇場を演じた議員さん達、こんな信頼するに足らない議員さん達
    は当然落選、早々に政治の場から消えてもらわければなりません。米国民には、
    それくらいの分別があると信じたいものです。




    関連記事 http://notime2.syncl.jp/?p=diary&di=342014 







    2010-07-31 20:20:37投稿者 : のうたいむの鍵盤

      これは俺の役に立つんじゃろか?

      この2冊は、どちらも1時間半もあれば読めてしまうお気軽な本。






      極めて個人的な、主観バリバリ入りまくりの感想を率直に言わせてもらえば・・・


        ・「そんなメンドちーこと、やる根気も暇もないわい」って言うのが6割
        ・「そこまで金かけたくないんだよねー」っていうのが2割
        ・「こんなの既に無意識のうちにやってるわな」っていうのが1割
        ・「コレは今すぐにも実践できそうだな、使えそう」っていうのが1割


      てな感じでしょうか?

      もっとも興味深かったのは、“高価なケーブルを使うと音のクオリティが上が
      る”ていうこと。うーむ、安物ばかり使っている俺には耳の痛い話です。ふと
      思い出したのが、小室氏の自叙伝『罪と音楽』に書かれていたこと。小室氏
      は、自宅スタジオのシールド(コード)には、徹底的にこだわっていたようで
      す。なんでも、世の中には1本100万円するものもあるんだとか、そう書い
      てありましたね。CANARE のシールドさえ1本も持っていない俺には、永遠
      にわけわからん世界です。シールドは、CANARE 以外使わない、っていう
      人も少なくないようですが、分相応ってこともありますし、まあ、俺は安物使
      いのままでいいのかな、と思うちょりますですw。




      著者の長野光浩氏は、テレビ番組のタイトル曲やCM曲を手がける自宅録
      音派ミュージシャン。国立音大/作曲科の出。楽器の演奏はあまり得意で
      ないみたいですね。現在、名古屋芸術大学や東海大学、八王子音楽院で、
      コンピュータミュージックのクラスの講師を勤めていらっしゃるとのこと。なか
      なかユニークな経歴の方のようです。


      氏は、著書の中で、「私たち自宅録音派には、“出来ることは何でもやって
      みる”の精神が必要。・・・(中略)・・・それぞれはほんの小さなことかもしれ
      ないが、“ちりも積もれば山となる”だ。」と述べています(『新・プロの音プロ
      の技』)の「イントロダクション」より引用抜粋)。

      が・・・、しかしね、この“ちり”を実践するのが俺にとってはハードル高そう。
      果たして、この2冊、俺にとって役に立つものだったんじゃろか???



      著者のホームページは http://www2.odn.ne.jp/onken/







      2010-07-25 22:55:39投稿者 : のうたいむの鍵盤
        83件中   22 - 24 件表示 ( 全 28ページ )  ページを表示
          1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...