ここは『鍵盤』さんのお部屋です♪

synclメッセージ

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

free


83件中   25 - 27 件表示 ( 全 28ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

ジャジーなバッキング

いやー、なんつーかさ、マネネリと言うかワンパターンと言うか、自分の過去の
曲を聴いてると、もう煮詰まっちゃって、煮詰まっちゃって、どうしようも無いわけ
ですよ。


で、この本




ジャズ・ピアノが弾けるようになるのを目指すつもりなんてハナっからありませ
ん。歌モノのバッキングのバリエーションが増やせたらいいんだけどなーって、
そんな気持ちでこの2冊を手に取ったわけです。マンネリ打破のために、ちった
ぁ~無駄な足掻きでもやってみるかと。ジャジーなアプローチに救いを求めて
みりゃー、何か掴めるはずだよな、みたいなw、ただそれだけ。



まあ、下記に示すような感じのバッキングのアプローチができるようになりたい
なー、っていう漠然としたイメージだけはあったりするんですけどねー














↓これは、ゴスペル風味のアプローチですけど







この本は、タイトルは『なんちゃってジャズ・ピアノ』となっていますが、採り上げ
られているのはジャズだけに留まりません。ゴスペル、ブルース、ボサノバ、サ
ンバなんかも採り上げられていてオイシイかもです。

この本の最初に、

    「ピアノが上手でも下手でも、真面目でも不真面目でも、みんなが
     ジャズを体験できるという“敷居の超低い”CD付ジャズ教則本です。
     これまでの教則本にありがちだった小難しいジャズ理論は後回しに
     して、CDと譜面と簡単な解説でとりあえず“ジャズの世界”を体感。
     この本を軽く読むだけで、いつでもカッコ良くジャジーなピアノが弾け
     るようになります!



と書いてあるんですけどねー。なんだか、優れモノの様な気はするんですが。

それでも俺にとっては、十分、“シチ面倒くさいなー”っていうのが正直なところ
でしょうかw。ドミナントなんたらとか、デミニッシュなんたらとか、小難しい用語
の意味は、なんとなくわかったような気分が味わえました。その点は、いい点
かもしれません(使いこなせるようになる、とは言っていません。お間違えの無
いようにw。気分です。わかったような気分が味わえたと言うことですw)。

まあ、お薦めの2冊だと思います。難易度的には、バイエルを終了していない
人でも十分にとっつき易いレベルじゃないっすかね。



ちなみに、それぞれの巻末に参考にしたいお勧めアルバムっていうのが2冊併
せてで30枚(16枚+14枚、合計30枚)紹介されているんですが、その中で、
俺が所有しているアルバムは2枚しかありませんでした(苦笑。







2010-07-10 23:21:07投稿者 : のうたいむの鍵盤

    田舎だなぁーとしみじみと実感w

    今の住まいに引っ越してきてから半年・・・

    今夜、蛍を見ましたよ(写真がないのが残念)。たった一匹だけ、今に
    も消えてしまいそうな感じで、はかなく光りながら目の目を通り過ぎて
    いく姿を。なんか、イイですね、こういうの。

    蛍を目にしたのなんて、いつ以来でしょう。
    最期に見たのが何時なのか、そんなの思い出せるわけもなく・・・。



    なんだか、言葉でうまく言い表せない(いい意味で)シミジミとしたひと
    時でした。











    2010-07-05 23:41:19投稿者 : のうたいむの鍵盤

      森本ー!!!

      日本代表の帰国記者会見、よかったっす。おもろかった。

      森本、サイコー。
       


      森本が、謎の歌声を披露したシーン、チーム内部の雰囲気というものを想像
      することができた、チームのメンバーの一体感を象徴的するシーンだよなー、
      とか感じたり。

      彼、えらい、チームに馴染んでました。つい、一年ほど前まで、「代表チーム
      には興味が無い」、「代表のプレイスタイルは俺には合わねーっ」とか、イタリ
      アのメディアに答えていた男とは思えません。



      会見を通じて思ったのは、もし、ドイツW杯代表チームに、この一体感があ
      ったらどうなっていたんだろ、ということでしょうか。その一方で、ドイツで、チ
      ーム崩壊の憂き目を経験したからこそ、その教訓がこのチームに生かされ、
      ここまでの一体感が醸成されたのかな、とすれば、ドイツでの惨敗は必然だ
      ったのかも、とか思ったり・・・。

      まあ、いづれにしても、このチームが今大会を通じて学んだことが、今後の
      代表チームに貴重な財産として受け継がれていくことを願うばかりです。

      でも、森本、一試合も、ただの1分すらも出場のチャンスを与えられなかった
      んですよねー。彼は、パラグアイ戦の後、イタリアのメディアの取材に対して
      以下のように語ったみたいです。


         「最後に起用してもらいたいと願っていた。きっと僕のスピードは
          チームの役に立つと思ったけど、それはできなかった。なぜ監
          督が僕の特徴を生かしてくれないのかと思ったけど、答えはた
          ぶん、監督が守備を考えているからだね。」


      と。

      内心は、悔しい思いをしていたことは疑いようもないわけで・・・。この想いは、
      4年後、ブラジル大会にぶつけてもらいせう。



      森本には、アーセナルが11億円で獲得のオファーをだしたようですが、所
      属チーム、カターニアがこのオファーを蹴ったみたいですね。う~む、残念
      な気もしますね。一方、川島やチョン・テセの海外移籍が合意に達したよう
      です。とても、いいことですね。あとは、長友と本田、彼らがどこのリーグに
      移籍するのか、興味がつきませんね。もちろん、松井も!!!




      さてと・・・、

      来年はラグビーのW杯。
      カーワン JAPAN には、世界を驚かせてもらいたいもんです。
      もちろん、簡単なことではないことは重々承知しているわけですが・・・







      2010-07-03 21:52:59投稿者 : のうたいむの鍵盤
        83件中   25 - 27 件表示 ( 全 28ページ )  ページを表示
          1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...